私は4歳からピアノを習っていました。
小さな頃は、発表会で両親や親せきに褒められたり、試験に合格して褒められたりするのが嬉しくて、夢中で練習に取り組んでいました。
ですが、学年が上がりスポーツに夢中になってしまい、練習から遠ざかってしまいました。

 

週1回のレッスンの前だけ少し練習する。
それ以外は弾きませんでした。
母に何度も怒られた事を覚えています。

 

案の定、発表会に出てもミスをするし、試験には落ちるし、コンクールでも入賞しない。
私は徐々にやる気がなくなってしまいました。
ですが、なぜかやめたくはありませんでした。
大好きなピアノ

 

そして中学生になり、学校祭の合唱コンクールで私が伴奏をやる事になりました。
久しぶりに必死で練習しました。
結果は金賞。

 

とても嬉しかった事を覚えています。
中学校生活3年間合唱コンクールの伴奏を頼まれました。
私たちのクラスは3年間金賞をとりました。

 

その後ピアノのコンクールがあったのですが、そこで初めて賞をとりました。
そこでピアノはやっぱり楽しいな、弾けると嬉しいなという気持ちを思い出しました。
ですが、高校に進学して勉強とスポーツに打ち込むためにやめてしまいました。

 

やめてしまうと不思議なものでピアノが弾きたくなるんですよね。
そんな時、高校の学校祭の合唱でまたピアノの伴奏を3年間やり遂げました。
失敗もしたけど、また弾けて良かったという気持ちでした。

 

高校からバンド活動も始めて、卒業してからピアノの弾き語りでライブやってみれば?と、バンドのメンバーが提案してくれました。
伴奏や、ピアノの曲じゃない分、苦戦しましたが、そのライブは成功。
皆温かい拍手をくれました。
それからまた定期的にピアノに触れるようになり、今でも暇があればピアノを弾いています。

 

高校時代、公立高校の演劇科に通っていました。
できて3年目の高校でしたが、1年生はいつも合唱コンクール、そして毎年演劇科が優勝してきたから、今年の一年生もその伝統を受け継いでね、と先輩に言われていました。
演劇科ですから声楽の授業もありますし、大きな声を出したりするのは得意な人ばかり、合唱コンクールではもちろん有利なはずなのです。

 

そんなプレッシャーのかかる合唱コンクールで、伴奏を弾くことになりました。
合唱曲の伴奏は比較的難しいものも多く、苦労して弾いていた上に、演劇科は男子生徒の少ないクラスなので、男性パートの音を出して教えてあげるのも伴奏者の役目でした。
みんなが並んで歌を歌っている中で、1人離れた場所で1人でピアノを弾くという孤独、それでいて間違えると誰のせいにもできない緊張感。

 

そんな合唱コンクール当日、グランドピアノを弾く私は舞台のそで近くに隠れ、写真にも映らず、歌い終わった後に喜ぶ友人の輪にも入れず1人でなんとか終わったことの安堵感に包まれていました。
合唱コンクールは無事優勝し、ホッとしたのと達成感で家に帰ると「声が大きくてピアノの音聞こえなかったよ」という母。

 

ショックと笑いの混ざった合唱コンクールの思い出でした。

 

 

私はスポーツ大好きでした。
文化部というよりも体育会系の私でしたが、中学高校時代はなぜかマンドリン部、しかしソフトボール部やバレーボール部も兼部していましたが、続かず結局中学1年生から高校卒業まで続いた部活がマンドリン部でした。
マンドリン部は活動が活発で人数も多く、朝練などもバッチリありました。

 

一番仲のいい子が一緒に入っていたというのもあるでしょうが、まさか自分がマンドリン部に入部し卒業までずっと過ごすとは夢にも思いませんでした。
入部したころはマンドリンってなにというくらいの知識しかなくもちろんど素人でした。
たぶん他の仲間もみんな素人だったと思います。

 

マンドリン部にはマンドリンの他にマンドラ、そしてベース、ギターとありました。
私はどれにも興味を持つタイプなので一通りベースもギターもマスターしました。
時々他の高校、大学社会人などと合奏する機会があり、そんなときはフルートなども参加しますが、フルートも覚えたいなと思いながら結局フルートだけは機会がありませんでした。

 

自分が楽器をこんなに長く携わったのは初めてのことでした。
あれから数十年経ちますが、時々弾きたいななんていまでも思います。

 

 

 

初めて「楽器らしい楽器」を手にしたのは、小学校3年の時。
友達に誘われて入部した吹奏楽部だった。
正直、入部したくて入部したわけではなかったため、人員不足のパートにまわされ、担当した楽器がクラリネット。

 

当時の印象としては、「大きくて、吹き口に薄っぺらい板をつけたリコーダーみたいな楽器」程度でしか思ってなかった。
まずはマウスピース(吹き口)にリード(薄い板)をつけて、鳴らすことから始める。
リコーダー感覚で楽器を鳴らそうとしても、全く音がならない。

 

リードがあるため、鳴らすにはコツがいるらしく、そのコツを掴むのに1週間程度はかかったのではないかと思う。
マウスピースを鳴らすことができて、初めて楽器本体の音を鳴らすことができるのである。
初めてマウスピースから音だせた時もそうだったが、初めてクラリネット本体から音を出せたことの驚きは今でも忘れられない。

 

その後、上達するかといえば、余り上達することはなかった。
始めた理由が理由だから、仕方がないのだが、それでも、楽器手にして、鳴らすことができた感動は鮮明に残っている。

 

 

 

子どもの頃から音楽が好きで、楽器もいろいろ練習しました。
幼稚園からエレクトーン、小学校では鉄琴に憧れて放課後ずーっと練習。
中学生になると、当時流行っていたフォークギターに手を出して。

 

高校はフォークギターをやりつつ、バンドでドラムをやってました。
人手不足で「やらされた」とも言いますが(笑)それはそれで楽しかった。
友達に誘われてブラスバンド部にも出入りしてたので、サックスやフルートも少しだけ。

 

高校野球の応援要員として、フルートで参加したりとか。
でも大学に入って下宿生活になって、エレクトーンは重くて実家から持ってこれないし、他の楽器は騒音になるので弾けないし。
そんなこんなで、今はDTMにハマってます。

 

いろいろ楽器をかじってたおかげで、それぞれの楽器のお作法がある程度は分かるので、プログラミングの時参考にしています。
人工の音と言えど、ありえないフレーズを弾かせたくはないし。
変なところでリアリティにこだわってますが(笑)今はまだMIDI鍵盤しか持ってないので、いずれは高いキーボードを買って、パソコン持ち込みでソロライブとかやってみたいです。

 

 

 

中学校で吹奏楽部に入部し、手が大きそうだしクラリネットがいいのではないかと先生に言われて始めました。
大きな楽器は学校のを使うのですが、小さな楽器は学校にもあるにもかかわらず個人のものを購入するという方針でした。
ですが私の親は学校にあるのに高額な物を買う事に反対で、私はそれまで貯めていた貯金をはたいてクラリネットを買いました。

 

手が大きそうだと言われたのですが、実際吹いてみると一番下の小指がとどきませんでした。
それまでピアノもオクターブとどいていたので全然気がつかなかったのですが、私の小指は短いのではなく付け根が下がっていたためにとどかなかったのです。
それでもなんとか演奏する事は出来て、中学、高校と6年間続けました。

 

中学では先輩とも仲良くなりとても楽しかったです。
高校では途中で半数ほど辞めてしまいましたが、その時の友人とは今でも仲良くしています。
時を経て、子供が幼稚園に通っている時には音楽好きな親同士でクリスマス会で演奏したり謝恩会で演奏する機会にも恵まれました。

 

普段は箪笥の引き出しに眠っているクラリネットですが、買い換えようと思ったり売ってしまおうと思った事もあるけど、私の思い出が沢山つまっています。
次は娘が思い出を吹き込んでいくのかな。

 

 

 

5歳から20歳までつづけていたピアノ。
もともとは父に勧められて弾いていましたが、小学生のころは大嫌いでした。
できないことを何度も練習する作業はめんどうで、なんでこんなことをしなければならないのかと思っていました。

 

それでも、父の希望で弾き続けたピアノは短大卒業まで続きました。
こんなに長く弾いていたのだから、わが子に童謡やクラシックを弾いて聞かせたいと張り切っていたのですが、生まれてきたのは三人とも男の子。
私が楽器を弾くのも煩わしそうにしているし、自分が弾くつもりなんて全くないので、次第にピアノから離れ埃をかぶったままになっていました。

 

そんな長男が大学生になり、ピアノが必要な職種を選ぶことになりました。
全く弾けない状態から付け焼き場でのピアノですから、当然楽譜通りに弾くことはできません。
困り果てている長男に、簡単な伴奏に楽譜を書き直してやり、どんな曲か弾いてみせ、指使いを教えてあげることができる、私のピアノの腕は20年たってようやく役に立ったのでした。

 

小学生だった頃の私に教えてあげたい、あなたのピアノはずーっと将来、とっても役に立つのよと。
そうしたら、もう少し一生懸命練習できたかもしれません。

 

 

 

私は小学1年生からピアノ教室に行き始めました。
当時は2歳年上の姉がピアノを始めるというので、つられて私もなんとなくピアノを始めました。
レッスンの内容は簡単な聞き取りから音符を書き取る。

 

楽譜をドレミで歌う。
それから、課題曲を2曲弾くといったものです。
最初は楽しかったのですが、友達と遊びたいため、家での練習をしなくなりました。

 

そうなると、レッスンに行っても上手にできず、先生に怒られるという負のスパイラルに陥るようになり、ピアノを楽しめなくなり、中学生に入るとすぐに部活を理由にピアノ教室を辞めてしまいました。
しかし、ピアノ教室を辞めた後も音符が読めたり、ある程度楽器も弾けるので、音楽の成績は良かったです。
それで満足していたのですが、大人になって歌謡曲やバンドに興味が出て来ると、音楽は楽器ひとつでもこんなにも豊かに感情を表現することができるのだと思うようになりました。

 

音楽は楽譜通りに弾けば合格がもらえるのだとしか思っていなかったの幼い頃のピアノレッスンがもったいなく感じました。
また時間の余裕があれば、ピアノや他の楽器を始めてみたい思います。

 

 

 

先日、仕事先で楽器を紹介するチャンスがありました。
子どものころからずっとピアノを弾いていたのでピアノで数曲披露する予定でしたが、他にも何かないかと探していました。
実家に行くと、亡き父のフルートが出てきました。

 

父は高校時代吹奏楽部でフルートを吹いていて、その後も趣味でフルートを吹いていました。
私がピアノを習い始めたのも父の娘と合奏したいという夢からだったのでした。
父の自慢のフルートを小学生のころ吹いた経験があり、試しに吹いてみました。

 

晩年、歯が悪くなりフルートを吹かなくなっていた父がなくなって10年あまり、おそらく20年くらいは触っていなかったフルートです。
ちゃんと音が鳴るんだろうかと吹いてみると、吹き方は覚えているようでちゃんと音が出ました。
当日は高音は出ないものの、フルートならではの吹く姿の優美さに助けられ、好評を得ることができました。

 

20年たってもいい音を出してくれている父のフルート。
今度はオーバーホールに出してみようと思います。
そして、父の代わりに、今度は私が吹いてみたい、そう思って40の手習いをさせてくれる音楽教室を探し始めたところです。

 

 

 

私は3歳からピアノを習い始めました。
小学生や中学生の時は、合唱コンクールなどでピアノ伴奏を任せられたりしていました。
中学生になってギターにも興味を持ち、独学でアコースティックギターを始めました。

 

それからオリジナル曲を作り、ストリートで歌ったりもしました。
その頃中学校で、サックスを教えてもらい、初めての吹奏楽も楽しかったです。
高校に入ってからは、エレキギターも演奏するようになったので、バンドを組みました。

 

エレキギターとボーカルでの弾き語りをしていました。
他の楽器とのセッションは、とても気持ちが良かったです。
バンドをやっていると、ドラムがとてもカッコ良く見えました。

 

私もやってみたくなり、これも独学でやってみました。
もともと小さい頃から和太鼓をやっているので、ドラムは難しくは感じませんでした。
思いっきり叩けるのが気持ち良かったです。

 

バンドの練習がない時は、アコースティックギターを持って、駅前で弾き語りをしていました。
今後やりたいことは、ベースを弾けるようになりたいです。
色んな楽器と出会い、音楽の楽しさを学びました。

 

私にとって楽器を演奏することは、今でも楽しい趣味のひとつです。