大好きなピアノ

私は4歳からピアノを習っていました。
小さな頃は、発表会で両親や親せきに褒められたり、試験に合格して褒められたりするのが嬉しくて、夢中で練習に取り組んでいました。
ですが、学年が上がりスポーツに夢中になってしまい、練習から遠ざかってしまいました。

 

週1回のレッスンの前だけ少し練習する。
それ以外は弾きませんでした。
母に何度も怒られた事を覚えています。

 

案の定、発表会に出てもミスをするし、試験には落ちるし、コンクールでも入賞しない。
私は徐々にやる気がなくなってしまいました。
ですが、なぜかやめたくはありませんでした。
大好きなピアノ

 

そして中学生になり、学校祭の合唱コンクールで私が伴奏をやる事になりました。
久しぶりに必死で練習しました。
結果は金賞。

 

とても嬉しかった事を覚えています。
中学校生活3年間合唱コンクールの伴奏を頼まれました。
私たちのクラスは3年間金賞をとりました。

 

その後ピアノのコンクールがあったのですが、そこで初めて賞をとりました。
そこでピアノはやっぱり楽しいな、弾けると嬉しいなという気持ちを思い出しました。
ですが、高校に進学して勉強とスポーツに打ち込むためにやめてしまいました。

 

やめてしまうと不思議なものでピアノが弾きたくなるんですよね。
そんな時、高校の学校祭の合唱でまたピアノの伴奏を3年間やり遂げました。
失敗もしたけど、また弾けて良かったという気持ちでした。

 

高校からバンド活動も始めて、卒業してからピアノの弾き語りでライブやってみれば?と、バンドのメンバーが提案してくれました。
伴奏や、ピアノの曲じゃない分、苦戦しましたが、そのライブは成功。
皆温かい拍手をくれました。
それからまた定期的にピアノに触れるようになり、今でも暇があればピアノを弾いています。