楽器らしい楽器を手にした時

初めて「楽器らしい楽器」を手にしたのは、小学校3年の時。
友達に誘われて入部した吹奏楽部だった。
正直、入部したくて入部したわけではなかったため、人員不足のパートにまわされ、担当した楽器がクラリネット。

 

当時の印象としては、「大きくて、吹き口に薄っぺらい板をつけたリコーダーみたいな楽器」程度でしか思ってなかった。
まずはマウスピース(吹き口)にリード(薄い板)をつけて、鳴らすことから始める。
リコーダー感覚で楽器を鳴らそうとしても、全く音がならない。

 

リードがあるため、鳴らすにはコツがいるらしく、そのコツを掴むのに1週間程度はかかったのではないかと思う。
マウスピースを鳴らすことができて、初めて楽器本体の音を鳴らすことができるのである。
初めてマウスピースから音だせた時もそうだったが、初めてクラリネット本体から音を出せたことの驚きは今でも忘れられない。

 

その後、上達するかといえば、余り上達することはなかった。
始めた理由が理由だから、仕方がないのだが、それでも、楽器手にして、鳴らすことができた感動は鮮明に残っている。