ピアノのおけいこ

私は小学1年生からピアノ教室に行き始めました。
当時は2歳年上の姉がピアノを始めるというので、つられて私もなんとなくピアノを始めました。
レッスンの内容は簡単な聞き取りから音符を書き取る。

 

楽譜をドレミで歌う。
それから、課題曲を2曲弾くといったものです。
最初は楽しかったのですが、友達と遊びたいため、家での練習をしなくなりました。

 

そうなると、レッスンに行っても上手にできず、先生に怒られるという負のスパイラルに陥るようになり、ピアノを楽しめなくなり、中学生に入るとすぐに部活を理由にピアノ教室を辞めてしまいました。
しかし、ピアノ教室を辞めた後も音符が読めたり、ある程度楽器も弾けるので、音楽の成績は良かったです。
それで満足していたのですが、大人になって歌謡曲やバンドに興味が出て来ると、音楽は楽器ひとつでもこんなにも豊かに感情を表現することができるのだと思うようになりました。

 

音楽は楽譜通りに弾けば合格がもらえるのだとしか思っていなかったの幼い頃のピアノレッスンがもったいなく感じました。
また時間の余裕があれば、ピアノや他の楽器を始めてみたい思います。